岐阜各務原・初心者からワンコ服まで幸せソーイング教室『nicoにこ』

初心者さんから楽しめるソーイング教室

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

目指したいのは母の味

野田さくらです。


数日の晩ごはんの様子。

母はとにかく作るのが手際が良く早い!
そして、おいしい!

作り方を教わって帰って、家で作ってみるのだけど
どうしても、その味にはならないんですよね~
なんか違うな、なんか違うな、と足すと濃くなってしまう。

母は、薄味ながら味がしっかりしていて。
目指したい味はコレだなと思います。母の味ですね。

20180813192939e3f.jpg

栄養面は細かいこと言わずに、

1日3回食事があるから、1日でバランスをとってればOK!
見た目の色がきれいならOK!

赤、黄、緑、黒、白、5色が揃っていれば、
きれいに見える=栄養バランスはとれている、という話です。

そんな感じでざっくり。
難しい栄養素のことを考えると、
ごはん作りがしんどくなっちゃいますが、
子どもが小さくて大変だった時、
この「だいたい」に救われたんですよね。
ぐずって無理な日ありましたもん。

20180813192937977.jpg

最近の母は、お酒を控えていますが、
おいしいお酒をゆっくり飲むために、おいしい料理を作りたい人。
ごはんを食べる人のことを考えて楽しんで作っているんですよね。

娘がごはん作りを楽しんでしてくれるようになったのは母のおかげかも。

朝ごはんを食べたら、
「おばあちゃん、買い物行こう~♪」
せっかく関西に来たのだから、どこか行こうと誘っても、ごはん作り最優先なのです。

二人で一緒に楽しんで作ってくれています。
「おいしそー♡」パクッとしつつ。
まっ、うちと違って高級食材いっぱい食べさせてもらえるしねー(笑)

母も、買い物で「忘れたら走って取りに行ってくれるしね、助かるわ~」
って感じです。

私は、横で片づけして、後片づけの専門です。
ごはんを作りながら頭をフル回転をしなくてよくて、
黙々と片づけをしてきれいになっていくほうが
実家に帰ると嬉しいのです。

夏休みに入って、娘がごはん作りを嫌がるどころか、自分で進んで作ってくれているんです。
実家でのごはん作りが原点なのかもと思えてきました。

面倒な日もあるけどね、
せっかく同じ時間を使うなら、
ごはん作りは自分が楽しむことが一番だなぁ♪



関連記事

| ●日々のこと | 20:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://saragardenblog.blog.fc2.com/tb.php/710-6d818c11

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT